昭和22年。サラリーマンの平均月収が3~4千円だった時代の本日、
日本政府は国民一世帯につき、ひとつの電球を配給しました。

今でいうなら「LED電球」を配布されるようなものだと思うのですが、
その理由を調べても、あまりよくわかりませんでした。笑

政府が「ヤミ市」といわれる、
政府非公認の市場の暗躍を危惧したのかな?なんて思ったりしています。
そんな「本日のご自愛」は・・
「自分の中に在る闇を観察してみる」
です。
あのね、いわゆる「成功している人」のほとんどが
「ポジティブ思考であること」を推奨していますが、
それは決して「ネガティブ思考否定」ということでもないのだそうです。

わたし自身もいつも言っていることですが、
「ネガティブな感覚」にはむしろまるっと浸ってしまう。

すると勝手に、豆電球みたいな光がさして、
そこからアホみたいなポジティブ感につつまれてしまう☆
ということは、よくあるものです。笑
暗闇を見つめ続けていると、
暗闇もあなたを見つめ返す。

そうやって見つめ合っているうちは何だかこわいのですが、
それでもそうしているうちに、「こわさ以外の何か」が必ず見つかるものですよ(^^)
それでは本日も、素敵なご自愛サタデーをお過ごしください☆

ご自愛ライフスタイル研究室
室長/ご自愛ライフスタイルアドバイザー
小原綾子
Blog http://ameblo.jp/focus-me/